よくあるご質問

お彼岸の供養は、どうすれば良いでしょうか?

お彼岸は春と秋にあり、3月の春分の日と9月の秋分の日を中日として、その前後3日ずつの7日間を彼岸、正式には「彼岸会」といいます。
またお彼岸の初日を「彼岸の入り」、最終日を「彼岸の明け」といいます。
各寺院では彼岸会が営まれます。
家庭では家族そろってお墓参りをするのが習慣となっています。
春のお彼岸にはぼたもち、秋にはおはぎを仏壇に供えます。
どちらも米とあんで作りますが、季節の花に由来して春は牡丹餅、秋はお萩と呼ばれます。
仏様に精進料理を備え、家族も同じものを食べる風習もあります。

次へ前へ

検索

お問合せ

お電話でお問い合わせ

0120-25-5833

お電話でのお問合せは上記フリーダイヤルまで!年中無休、8:00~17:00まで受付中。

インターネットでお問い合わせ

こちらをクリック

インターネットからのお問合せはこちらから!

戒名・法名 注文書はこちら





アクセスマップ

詳細へ

よくあるご質問

お墓を建てるのに適した時期はありますか?
49日に納骨するのが通常とされていますが、最近は寿陵といいまして生前で建てる方が比較的増えてきていま…
自分の家にお墓を建てられますか?
お墓を建てること自体は構いませんが、そこに納骨や埋葬をすることは法律で禁じられています。…
お墓に流行はあるの?
流行としてですが、背の低い洋型墓石をお選びされる方が年々増加しております。その洋型に彫る文字もみさな…

一覧へ

全優石
このページの先頭へ
よくあるご質問 会社概要 よくあるご質問 サイトマップ プライバシーポリシー