よくあるご質問

開眼供養とは?

開眼供養とは、「入魂式」・「魂入れ」とも呼ばれ、新しく建てた墓石に魂を入れる儀式のことです。
一般的には、墓前に酒、塩、果物等をお供えし、花を生け、お線香をあげ、お坊さんにお経をあげていただき行います。
お坊さんに開眼供養で墓石に魂を吹き込んでもらって初めてお墓になります。

次へ前へ

検索

お問合せ

お電話でお問い合わせ

0120-25-5833

お電話でのお問合せは上記フリーダイヤルまで!年中無休、8:00~17:00まで受付中。

インターネットでお問い合わせ

こちらをクリック

インターネットからのお問合せはこちらから!

戒名・法名 注文書はこちら



アクセスマップ

詳細へ

よくあるご質問

子供に負担を掛けたくないのですが、親のお墓は子供が面倒をみないといけないのでしょうか?
一般的にはそうですが、子供さんがいない方は、親戚や兄弟に守ってもらっている方もいます。…
墓石の寿命はどのくらいですか?
現在よく使用されている石は、花崗岩(みかげ石等)、安山岩、閃緑岩等ですが、石種による耐久性の差はほと…
お墓を建てるのに適した時期はありますか?
49日に納骨するのが通常とされていますが、最近は寿陵といいまして生前で建てる方が比較的増えてきていま…

一覧へ

全優石
このページの先頭へ
よくあるご質問 会社概要 よくあるご質問 サイトマップ プライバシーポリシー