よくあるご質問

お彼岸の供養は、どうすれば良いでしょうか?

お彼岸は春と秋にあり、3月の春分の日と9月の秋分の日を中日として、その前後3日ずつの7日間を彼岸、正式には「彼岸会」といいます。
またお彼岸の初日を「彼岸の入り」、最終日を「彼岸の明け」といいます。
各寺院では彼岸会が営まれます。
家庭では家族そろってお墓参りをするのが習慣となっています。
春のお彼岸にはぼたもち、秋にはおはぎを仏壇に供えます。
どちらも米とあんで作りますが、季節の花に由来して春は牡丹餅、秋はお萩と呼ばれます。
仏様に精進料理を備え、家族も同じものを食べる風習もあります。

次へ前へ

検索

お問合せ

お電話でお問い合わせ

0120-25-5833

お電話でのお問合せは上記フリーダイヤルまで!年中無休、8:00~18:00まで受付中。

インターネットでお問い合わせ

こちらをクリック

インターネットからのお問合せはこちらから!

インターネットでお問い合わせ

こちらをクリック

アクセスマップ

詳細へ

よくあるご質問

お墓を建てる際の平均費用はどれくらいですか?
お土地の広さによって違いますので、比較してみるといいかと思います。…
石のつなぎ目(目地)が切れています。どうしたらよいですか?
石のつなぎ目に関しまして以前はセメントによる目地止めをしていましたが、最近では石材用の強力な目地材が…
お墓を買わないで、火葬した骨をお仏壇に供え続けることはできますか? 
可能ですが、一般的に49日以降は手元(自宅)にはおかず、埋葬若しくは寺院などの納骨堂にお預けになる方…

一覧へ

全優石
このページの先頭へ
よくあるご質問 会社概要 よくあるご質問 サイトマップ プライバシーポリシー